ホーム  >  仲介手数料無料

仲介手数料最大無料

仲介手数料について

会員登録はこちらインターネット掲載不可の物件もたくさんありますので、
会員登録を行って、極秘物件、公開出来ない物件の情報もGETして下さい。



まずは物件を選びましょう!

仲介手数料を問合せる



仲介手数料について

お客様が、不動産会社を通して、
物件の売買契約を締結した場合に、物件価格とは別に、契約を仲介した不動産会社に支払く手数料のことを、「仲介手数料」と言います。

仲介手数料の上限は宅建業法で定められており、
「物件購入価格×3.15%+6.3万円(税込)」
いわゆる「正規仲介手数料」と呼ばれるものです。
実際の支払い金額をシミュレーションしたものが、下記になります。

物件価格計算方法正規仲介手数料当社の場合
1,500万円×3.15%+6.3万円=535,500円無料0円
2000万×3.15%+6.3万円=693,000円無料0円
2500万×3.15%+6.3万円=850,500円無料0円
3000万×3.15%+6.3万円=1,008,000円無料0円
3500万×3.15%+6.3万円=1,165,500円無料0円
4000万×3.15%+6.3万円=1,323,000円無料0円
4500万×3.15%+6.3万円=1,480,500円無料0円
5000万×3.15%+6.3万円=1,638,000円無料0円

ここで問題になるのは、「正規仲介手数料」は、あくまで「上限」であり、「これ以上は受領してはいけない」という上限設定の基準であるということです。

今までの不動産会社は仲介手数料を「正規仲介手数料」と題して当たり前に満額受領をしてきました。
その理由は一般的な不動産会社は自社でお預かりした物件や会社名をより早く多くの方へ知って頂く為に大量の広告費が必要、不動産という商品が非常に高額で有り、お取引する内容も相手も様々です。
専門的な取引に必要な書類作成、それに伴う人件費、労力、時間、また取引先や取扱い物件によって予想外のリスクを伴うことも正直多いなどの理由からなかなか削ることが難しい現状が正直ありました。
なので正直、仲介手数料を削ることは簡単ではありません。

仲介手数料は少しでも安くして欲しい!

一般の不動産会社の場合
一般の不動産会社の場合
当社の場合
当社の場合
その差100万円!!100万円節約できれば、
「住宅ローンを減らすことができる!」「新居に必要な新しいインテリアの資金にまわせる」「その分、ハイグレードな物件を手に入れる!」
「引っ越し費用がまかなえる」などが可能になります!

お問合せ、ご相談はお気軽にご連絡ください。



 

売買物件を選ぶ
  • 新築戸建て
  • 中古戸建て
  • マンション
  • 土地

地域・沿線から探す

路線から探す

  • 絞込み検索
  • 検索
こだわりから探す
  • 学校区で探す
  • 町名・丁目で探す

物件番号で探す
お客様の声 お友達を紹介してください PICK UP
  • わたしたちは地震に負けない
  • JIO我が家の保険
  • T-POINT加盟店です

  • 求人情報
  • スタッフ募集

ページトップへ